2017/07/31

【Shotgun】テンプレートを眺めてみる 1 - Film Template

QiitaにてときどきShotgun記事書いてます。

あっちは主にAPI関連で
スクリプトとか絡むのですが、今回はそういうのじゃないので
Qiitaではなくブログの方に投稿。

***

Shotgunではプロジェクト作成時にテンプレートを選べます。
ver 7.3現在では次の4種類があります



それぞれどういう中身かよく忘れるのでメモしておこうという記事です
まずはFilmテンプレートから

ほかのテンプレートはこちら> Game / Mocap / TVs ※準備中

それぞれのテンプレートでサンプルプロジェクトをつくったところ



ナビゲーションバー


  • Media
  • Assets
  • Shots
  • Tasks

よっつ。シンプルです。


また、メディアが一番最初に来ているのも、Filmという性質に応じたものという感じがします。

Media



なんか違いがあるかなと思ったんですが、どのテンプレートも一緒っぽいですね。

Assets



Thumbnail、Asset Name、Type、Status
「ART」「MDL」「RIG」「TXT」パイプラインステップ、

詳細ページは「Tasks」「Versions」「Notes」タブがあります


Shots



Thumbnail、Shot Code、Sequence、Status、「ONL」「ANM」「LGT」「CMP」パイプラインステップ、Cut In/Out/Duration

詳細ページは、Tasks、Versions、Released Assetsタブがあり、
デフォルトではReleased Assetsタブが開くようになってます


Tasks



Task Name、Pipeline Step、Status、Assigned To、Start Date、Due Date(提出予定) 以下略
+ガントチャート。

詳細ページはVersionsタブのみで、このタブがデフォルトになってます。

プロジェクトページ



「Editional Shot List」「Sequence Status Report」ページがあります


Editorial Shot List



フィルタで、ステータスがオミットになっているショットがはじかれるようになってます。

Sequence Status Report




ここで作中場面の進行を俯瞰する感じでしょうか。フィルタは特になし

シーケンスの詳細ページ

Tasks、Shots、Assets、Notesと、ナビゲーションバーと同じ項目が並びます。

ほかのエンティティ



まとめ


ナビゲーションにデフォルトで載っているエンティティは少ないですが、
一方でシーケンスエンティティは別にページを用意していたりします。
MyTaskや少ない範囲で情報を俯瞰しつつ、ちょっと上の役職の人は
ページの方も見てね、という感じと、

デフォルトではナビゲーション少なめにしておいたので、
順次追加してね感の両方を感じます。

0 件のコメント:

コメントを投稿