2115/12/29

Qiitaはじめました

『プログラミングに関する知識を記録・共有するための』SNS、Qiitaをはじめてみました。

http://qiita.com/it_ks

技術的な内容はそちらに追加していきます。
また今後、このブログに投稿済みの記事も、技術的な内容についてはそちらに移していきたいと思います。

http://qiita.com/it_ks

よろしくお願いします。

2115/09/25

【お知らせ】画像が見えなくなっている記事について


2015/09/25現在、
いくつかの記事を除いて貼り付けた画像が不通になっています。
隙を見て直していくかと思います。

もし早急に確認したい記事などありましたら
twitterなどでお声掛けいただければと思います。
優先的に対処したいと思います。

20151228追記:
qiitaはじめましたので、そちらに移したものから順次見られるようになる予定です。


2017/07/31

【Shotgun】テンプレートを眺めてみる 1 - Film Template

QiitaにてときどきShotgun記事書いてます。



あっちは主にAPI関連で
スクリプトとか絡むのですが、今回はそういうのじゃないので
Qiitaではなくブログの方に投稿。

***

Shotgunではプロジェクト作成時にテンプレートを選べます。
ver 7.3現在では次の4種類があります

  • Film
  • Game
  • Mocap
  • TV Series


それぞれどういう中身かよく忘れるのでメモしておこうという記事です
まずはFilmテンプレートから

ほかのテンプレートはこちら> Game / Mocap / TVs ※準備中

それぞれのテンプレートでサンプルプロジェクトをつくったところ

2017/07/17

UVセット切り替えとuvChooser

MayaでUVセットを複数持たせている状態で、
ビューポート上での見た目も切り替わってくれないかなと。


 たとえば上図では、UVエディタにはカメラ視点からプロジェクトしたUVセットを表示しているのですが、
ビューポート上では、どうもそうなっていません

テクスチャ > チェッカマップ を入れておくと(▲)
そういう見た目になるのですが。。。

こちらで用意したテクスチャで見たい。。。
というわけで

2017/07/13

[UE4] ただキーを押したらアニメーションが実行されてほしい

単純に、キーに反応してキャラがアニメーションしてくれる
という状態にしたいと思います。

ゲーム実装としてはまったく行儀が悪いので、
ほんとにただのテスト用です。

レベルブループリントで、

右クリック>インプット(※カタカナの方。Inputもあるので注意)>キーボードイベント

から、押したいキーを選びます。

…キーボードイベントは一文字とかで検索することになるので、検索ビリティが低くなってしまうのがつらいところです。

続いて、アウトライナから動いてほしいキャラをD&D
そのアクターの出力ピンから線を引っ張って、「状況にあわせた表示」をOFFにして「play anim」と検索します



「Play Animation」ノードと、スケルタルメッシュコンポーネントを参照するためのノードが作られます。

あとはPlay Animationノードの「New Anim to Play」に再生してほしいアニメーションを入力し、キーボードイベントから実行線をつないで完成です(▼)。

LoopingのON/OFFはお好みで

完成予想図

これで、配置したアクターが X キー押したらアニメーションします。

ただしこれだと
アニメーション再生した後別のアニメーションに移る
(たとえば攻撃モーションの後待機モーションに遷移)みたいなことにはなりません。
冒頭でも書いたように行儀が悪いというか、不真面目というか、汚いというか、
あくまでも雑なTipsです。
くれぐれも、ちゃんとゲームとして作るときはアニメーションBPにてよろしくする方向で!


参考:
スケルタルメッシュのアニメーション システム
https://docs.unrealengine.com/latest/JPN/Engine/Animation/index.html

Animation ブループリント
https://docs.unrealengine.com/latest/JPN/Engine/Animation/AnimBlueprints/index.html

Animation ブループリントの作成
https://docs.unrealengine.com/latest/JPN/Engine/Animation/AnimBlueprints/Creation/index.html